仕事

うつ病になった私は出世の道を閉ざされたが、同じ職場で働いています

投稿日:




今や現代病とまで言われるうつ病

過剰なストレス、変化の大きなライフイベント、超時間労働などその原因は様々ですが、

生涯でうつ病になる人は15人に1人と言われるほど、うつ病になる人は数多くいます。

私もその一人ですが、そんな私はうつ病になった会社で今でも働いています。

残念ながら出世の道は閉ざされましたが、どのような経緯を辿って今に至るのかをご紹介したいと思います。

(怒られて負のループにはまった私の体験談も記事にしていますので、よろしければご覧ください)

疑心暗鬼
怒られてばかりで自信を失った人が迷い込む疑心暗鬼と被害妄想という迷路

これを見ているあなたは毎日怒られていませんか? 怒られ過ぎて自信を失い、言われてもいない陰口に疲弊していませんか? この記事は、「あ、私のことだ!」と思ったあなたにこそ是非見てもらいたい記事です。 毎 ...

続きを見る

 

この記事を読んでもらいたい方

・うつ病になってから仕事を辞めようか悩んでいる

・うつ病になった人がその後どういう行動をとったのか知りたい




うつ病になった私は、上司にすべてを話した

うつ病の時の私の症状

・朝目が覚めて仕事と考えたら、強烈な吐き気が襲ってきてトイレに行って吐く。

・なんとか出勤の準備を整えても、家のイスから立ち上がれない。

・会社が近づいてくると動悸が止まらなくなる。

・上司が出社してくると、心臓が飛び出すぐらい恐怖心を覚える。

・仕事中も常に見張られている感じがして、激痛の肩こりと頭痛が起こる。

・この先もずっと仕事をしていくことに絶望感を感じ、死んだ方が楽かもと考える。

うつ病になった私が取った行動は、

「会社に全てをぶちまけました」

上司と先輩に時間をもらって、個室で大泣きしながら自分の現状を全て話しました。

 

うつ病の診断を受けていること、うつ病になった理由(上司が恐いとか)、現在の症状(朝吐いてるとか)、

怒られるのが異常に恐いなどを、もう本当に全てぶちまけました。

 

振り返ってみれば、大の大人が大泣きしながら、本人目の前にして「あなたが恐いです。」なんてよく言えたなと思います。

それでも、その時はそれぐらい追い詰められていました。

 

ぶちまけたことで出世の道は閉ざされた

うつ病の人にとって、会社にうつ病がばれたらどうなるのか気になるところですよね。

結論から言いますと、私は「出世の道は閉ざされました」

元々出世欲はないので特に気にはしていないのですが、それでも自分がこの会社で一生平社員と決定づけられるのも悲しいものです。

ま~会社からしたら、うつ病になった人を出世させることはリスクでしかないからしょうがないですね。

 

なぜ出世の道が閉ざされたということがわかるかといいますと、

うつ病が少し回復してきた時の、上司とのボーナス査定の面談時に私はこう質問しました。

「やはりこの会社にいるからには上を目指していったほうがいいのでしょうか?」

私のこの質問に対する上司の答えは、

「、、、、、上はもちろん目指した方がいいと思う。ただ、上に行けば行くほどプレッシャーやストレスは大きくなるからね、、、、、でも上を目指すことは大事だよ。」

空気が読めない私でも、ものすごく遠回しに言っているのがその場の雰囲気でわかりました。

 

決して被害妄想とかではないと思います。

事実、私のうつ病は会社の幹部全員にまで知れ渡っていますので、今後も私が今の会社で昇進・昇格することはまずないと思います。

 

私は今も同じ職場で働いています

今私は同じ職場で働いています。

時代というのもあるとは思いますが、会社はうつ病になった人を簡単に辞めさせるわけにもいかないようですね。

それに、上司としても部下がうつ病になって辞めていったら自分の査定にも影響しますからね。

 

上司との関係はと言いますと、「ものすご~く気を使われています」

これも、自分の保身のためだとは思いますが、また自分のせいでうつ病にでもなられたら、

今のご時世パワハラで訴えられる可能性もあるからでしょうね。

 

生かさず殺さずのレベルで仕事を振り分けられて働いています。

上司からしたら厄介な存在だと思いますが、私も仕事を失うわけにいかないので、

居心地が良いわけではありませんが、与えられた仕事を粛々とこなしている状況です。

 

うつ病を会社に伝えて良かったか?

この記事を読んでいるあなたは、うつ病と診断されて会社に報告しようか悩んでいる状況ではないでしょうか?

お世話になった心療内科の先生に聞いたのですが、

「うつ病になったことを会社に伝えることはマイナスになることも多いので、薬で隠しながら勤めている人も多いんだよ」と言われていました。

なので先生は私に、「会社に言いなさい」とは言いませんでした。

 

会社に言ったのは私の自己判断ですが、私としては「後悔はしていません!!」

むしろ「良かった」と思っています。

私の場合は希死念慮もあったので、下手したら死んでいたかもしれないというのもありますが、

少なくとも自分の症状を話したことで、同じ職場でまだ働けています。

ただ、出世の道はないですし、うつ病になったというレッテルは消えないので、いずれは首を切られるかもしれないという恐怖感はあります。

 

私は色々と悩んだ挙句会社に伝えましたが、決していいことだけではありません。

あなたが今まさに悩まれているのであれば、会社に伝えることに関しては慎重に判断することをおすすめします。

私の体験談があなたの判断の参考になれば幸いです。




-仕事

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.