速報

新宿駅の歩道橋で首つり自殺した男性は誰?場所は?名前や画像を調査

投稿日:




2020年1月6日月曜日12時半ごろ、新年になって多くの人が仕事始めのこの日、新宿で衝撃的な事件が起きました。

新宿の歩道橋で男性が首つり自殺を行ったのです。

この首吊り自殺を行った男性は一体誰なのか?

自殺を行った歩道橋の場所は?

自殺しているところの画像は?

これらの疑問についてまとめていきます。




 

新宿南口の歩道橋で自殺した男性は誰?名前や画像は?

ネットをくまなく調べてみましたが、男性の名前やインスタなどの画像は公開されていませんでした。

ある程度の年齢は判明しており、30代男性との報道があります。

首吊り自殺したときの画像もネット上に多数公開されていたためこちらの記事でも載せますが、

モラルや公衆衛生上モザイクをかけさせていただきます。

モザイクなしの画像が見たい方はネットで検索されてみてください。

 

首つり自殺した男性の画像

モザイクをかけている部分が男性が自殺しているところです。

画像を見てお分かりいただけるように、ここの通りは非常に人通りの多いところで、

首吊りのために飛び降りた瞬間を目撃した方もいるそうです。

 

この男性が飛び降りようとしていた12時15分ごろ、

目撃者から新宿警察署に「若い男性が柱にマフラーをかけて飛び降りようとしている」との通報が入り。

その直後に男性が飛び降り自殺を図っています。

 

警察が到着した時にはすでに男性は心肺停止の状態になっており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

当時の目撃証言からも、新宿警察は男性の自殺として捜査を進めています。

 

なぜ男性は新宿の歩道橋で自殺をしたのか?

ここで気になってくるのが、なぜ男性が新宿の歩道橋という目立つ場所で自殺を図ったのかということですよね?

この理由について信ぴょう性の高い話が見つかりました。

男性が自殺した理由

・新宿警察の発表によると、男性は精神障害があり直前まで一緒に食事をしていた知人に、「これから死ぬ」という話をしていた。知人と解散した後、男性は甲州街道にかかる「ミロードデッキ」と呼ばれる歩道橋で、マフラーを首に巻いて飛び降り自殺を図った。

男性が自殺した直接的な理由は語られていませんでしたが、直前まで一緒にいた知人に死ぬと宣言してところを見ると、

何かに追い詰められていたりしたのかもしれませんね。

 

男性が自殺した歩道橋のミロードデッキってどこ?

男性が自殺したミロードデッキってどの辺りか地図を載せさせていただきます。

甲州街道という、新宿を東西に二分する大通りにかかっているのがミロードデッキです。

 

自殺した人を撮影する野次馬のモラルが異常

今回自殺を図った男性に注目が集まったのは事実ですが、それ以上に問題視されたのが、

自殺している男性を撮影する周囲の人間のモラルに関してネットで議論が紛糾しています。

ツイッターでは賛否両論あるようですが、これに関しては正解があるわけではないので、

個人個人のモラルや感性に任せるしかないというのが現状でしょう。




-速報

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.