芸能

沢尻エリカはだれからMDMAを買ったのか?KAZMAXと同じルートの可能性

投稿日:




沢尻エリカさんが合成麻薬MDMAを使用していたことが報道され世間を騒がしていますが、

ここで気になるのが、沢尻エリカさんはだれからMDMAを買ったのかというところです。

今回は、沢尻エリカさんが合成麻薬MDMAを手に入れた入手ルートについて調べていきたいと思います。




合成麻薬MDMAの入手ルートはKAZMAXと同じ可能性

沢尻エリカさんが合成麻薬MDMAを購入した入手ルートは、先日同じMDMAで逮捕された仮想通貨トレーダー「KAZMAX」と同じである可能性が非常に高いと言われています。

その根拠がいくつかありますので紹介していきます。

KAZMAXと同じと言える根拠

・沢尻エリカさんが逮捕される5日前にKAZMAXがMDMAで逮捕

・KAZMAXは芸能人の友人も多いと豪語

・KAZMAXが逮捕されて取り調べで自供する期間として妥当

・MDMAの使用でここまでの短期間で逮捕者が続出したのは初めて

過去にMDMAで逮捕される人はいましたが、ここまで短期間に立て続けに逮捕者が続くことは初めてです。

また、KAZMAXが逮捕されてから、沢尻エリカさんが逮捕されるまでわずか5日しか経っていないことを考えると、

KAZMAXが沢尻エリカさんの関与を自供して、芋づる式に逮捕されたと考えるのが妥当だと思います。

では、沢尻エリカさんとKAZMAXとが同じ人物からMDMAを購入したとして、誰から買ったのか。

 

沢尻エリカとKAZMAXはだれからMDMAを買ったのか?

現在、二人が合成麻薬MDMAをだれから購入したかは判明しておりませんが、MDMAの入手ルートは「スペイン」か「オランダ」の可能性が高いと思います。

その理由として、スペインとオランダからは過去にもMDMAを密輸した疑いで日本人が逮捕されています。

合成麻薬MDMAを密輸入したなどとして、四国厚生支局麻薬取締部は、徳島市国府町、会社員岸本智志容疑者(27)=大麻取締法違反の罪で起訴=を、麻薬取締法違反(輸入)などの疑いで逮捕、送検したと18日発表した。容疑を認めているという。

引用:朝日新聞より

この時逮捕されたのは普通のサラリーマンの人でした。

芸能人などのように名前が売れていて、大金を持っている人が手に入れるならいざ知らず、

スペインとオランダでは一般的なサラリーマンがMDMAを手に入れることができてしまうのです。

 

さらにその信ぴょう性を高める要因として、

沢尻エリカさんは過去に週刊文春で「大麻パーティー」を行っていたことがすっぱ抜かれています。

その大麻パーティーを行っていた国こそ、「スペイン」なのです。

この時はより場所は具体的で、スペインの首都バルセロナでのことだと報じられていました。

この時から継続してスペインから大麻や合成麻薬MDMAを購入していたと考えるのが普通ではないかと思います。

一度大麻の使用で所属事務所「スターダスト」の契約を解除されている沢尻エリカさん。

その時は、沢尻エリカさんの元旦那である高城剛さんがロンドンで沢尻さんを治療施設に通わせ、

治療もうまくいったため晴れて一時的ではありますが、二人は幸せな結婚生活をおくることとなりました。

しかし、その後二人は離婚。

薬物の再犯率は決して低くないと言われる中、誰も止めてくれる人がいない沢尻さんが再び薬物に手を出すのは必然だったのかもしれません。

【合わせてこちらもどうぞ】

違約金
沢尻エリカの違約金はいくら?CMや大河ドラマなどで過去最高の10億円か?

2019年11月16日に報道された、沢尻エリカ容疑者合成麻薬MDMA所持の疑いで逮捕の事件。 今回の逮捕で気になるのが、沢尻エリカさんが今後払うことになる違約金。 ここ最近はテレビにドラマに映画にと、 ...

続きを見る

引退
NHK激怒!沢尻エリカ容疑者引退秒読みか!?合成麻薬MDMA所持で逮捕

2019年11月16日、女優として活躍中の沢尻エリカさんが合成麻薬MDMA所持の疑いで逮捕されました。 2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主演も決まっている中での逮捕。 これについてNHKは激怒し ...

続きを見る




-芸能

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.