芸能 速報

大坪寛子の経歴や年収、夫などを調査!クルーズ船で起こした問題行動とは

投稿日:




和泉洋人補佐官と、公費で不倫出張したとして連日ワイドショーを賑わせているのが、大坪寛子審議官です。

審議官という官職に就くまでの、大坪氏の経歴とはどのようなものなのでしょうか?

彼女の年収や家族、周囲からの評判なども追っていきます。

 

また、新型コロナウイルスで問題となったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内で、

大坪氏が起こした問題行動も併せて調査していきたいと思います。




 

大坪寛子審議官の経歴

早速、大坪寛子審議官の経歴を記載していきます。

大坪寛子氏のプロフィール

・名前:大坪 寛子(おおつぼ ひろこ)

・出身地:不明

・生年月日:1967年8月24日

・年齢:52歳

・職業:厚生労働省大臣官房審議官

・高校:不明

・大学:東京慈恵会医科大学・医学部・医学科

東京慈恵会医科大学の医学部に進学しており、内科医として勤務されていたそうです。

官僚になる方ですから、やはり経歴もそれにふさわしいものとなっていますね。

 

高校については調べても出てきませんでしたが、少なくとも医学部に進学できるぐらいの家庭環境と学力をお持ちだったということから、

超進学校もしくは、お嬢様学校だったと考えるのが普通ではないでしょうか。

 

東京慈恵会医科大学の医学部に通わせる学費は、6年間で2200万円ですので、

比較的裕福な家庭で育ったことは疑いようがないかと思います。

 

続いて、大坪寛子氏の職歴についても記載していきます。

大坪寛子審議官の経歴

1986年:東京慈恵会医科大学 入学

1992年:東京慈恵会医科大学 卒業

1992年:東京慈恵会医科大学 内科医として勤務

2006年:国立感染症研究所 研究員

2008年:厚生労働省に医療技官として入省

2011年:環境省に入省

2013年:厚生労働省 医政局総務課医療安全推進室

2015年:内閣官房 健康 医療戦略室の参事官

2019年~:厚生労働省 大臣官房審議官

赤文字にしている、「2015年:内閣官房 健康 医療戦略室の参事官」になった時に、和泉洋人補佐官と出会っています。

 

以上が大坪寛子氏の職歴となりますが、一般市民には縁の無い経歴とでも言いましょうか。

東京慈恵会医科大学で内科医として勤務された後に、感染症の研究をしている中、厚生労働省に呼ばれたとのことです。

 

もしかしたら、大坪寛子氏のお父さんが官僚か何かお偉いさんなのかもしれませんね。

※調べたのですが、父親が官僚という情報は出てきませんでした。

医者とは言え官僚になるのは簡単ではないですし、コネが優先される世界ですから、その可能性は否定できないかなと思います。

 

また、現職の大臣官房審議官の年収は、1500万円~1800万円です。

 

大坪寛子審議官の夫や子供は?

大坪寛子氏はバツイチのシングルマザーです。

 

東京慈恵会医科大学の内科医として勤務している時に結婚しており、2008年に厚生労働省に入省してから離婚しています。

離婚時期は不明ですが、2008年~2015年の間が有力です。

 

旦那さんやお子さんの顔写真は出てきませんでしたが、東京慈恵会医科大学の内科医として勤務している時に結婚ということを考えると、

同じお医者さんという可能性が高いのではないかと思います。

 

官僚という激務の中、お子さんを育てるのは並大抵の苦労ではないでしょう。

今回の不倫は、ふとしたことで気が緩んだ結果なのかもしれませんね。

 

大坪寛子審議官は性格がきつい

大坪寛子氏の周囲からの評判は最悪そのものでした。

別記事でも記載していますが、iPS細胞でノーベル賞を取った山中伸弥教授に言い放った発言がこちらです。

大坪寛子審議官の発言

・来年から国費は出さない

・私の一存でどうにでもなる

このように言われた山中伸弥氏は

「僕たちは官僚の方からお金をいただいているわけではなくて、、、」

と、戸惑いながらコメントを残しています。

 

週刊誌でも以下のように報じています。

「いま、医療に携わる人間の中で、最も評判が悪いのが、大坪寛子・厚生労働省大臣官房審議官(52)でしょう。

菅義偉官房長官の信頼が厚い和泉洋人・首相補佐官(66)と極めて近い関係になったことで、とんでもない権力を握ってしまったのです。」

今年8月に和泉補佐官と大坪氏は、山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所を訪問。

予算削減を一方的に通達し、山中教授を「恫喝した」と医薬専門メディアで報じられた。

「山中教授と同じような手口で予算をカットされた『被害者』の話はよく耳にします。

厚労省には自由に使える数十億円規模の『調整費』というものがあり、大坪氏がその予算を握っている。

そのため、彼女の傍若無人な振る舞いを知っていながら、誰も表立って批判することができないのです。」

引用:FRIDAY DIGITAL

 

権力を握った人間はここまで性格が歪んでしまうものなのでしょうか?

はたまた元々性格がきつい方だったのでしょうか?

明らかに高圧的で、恫喝と取れる発言を行っていたことは間違いないようですね。

 

新型コロナウイルスで対応に当たった「ダイヤモンド・プリンセス号」での問題行動

連日世界中を騒がせている新型コロナウイルス。

日本での蔓延を防ぐために、15日間位渡って港に停泊し、乗客を隔離したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」

 

そのクルーズ船の中で新型コロナウイルスの対応に当たっていたのが、大坪寛子氏でした。

ですが、このクルーズ船内での大坪寛子氏の行動が問題視されているので、どのような行動をしたのか調査していきます。

 

大坪寛子氏の問題行動

・そもそも大坪寛子氏がなんの仕事をしているのか不明だった。

➡船内の指示系統は正林督章大臣官房審議官が務めており、大坪寛子氏のからの指示は一切なかった

・飲食禁止の作業エリアで、スイーツとコーヒーを持ち込んで飲食

・マスクをしていない姿が度々目撃されている

これが本当なら、「この人は本当に医者か???」

と問いかけたくなるような問題行動ばかりですね。

 

大坪寛子氏はこの報道に関して書面で回答をしており、内容としては、

指摘されたような問題行動は起こしていないとの回答をしています。

 

真実はわかりませんので、あくまでも噂レベルで認識しておくほうが良いかと思いますが、

今後も大坪寛子氏に対する野党からの追及は続きそうですね。

今後の動向に注目していきたいと思います。




-芸能, 速報

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.