速報

居酒屋の予約を無断キャンセルした小林恒夫が逮捕!なぜ小林恒夫は逮捕されたのか?

投稿日:




昨今社会問題化している、居酒屋の無断キャンセル

この無断キャンセル問題でついに逮捕者が出ました。

逮捕された小林恒夫容疑者は一体どのような悪質な無断キャンセルを行ったのか。

また、なぜ小林恒夫容疑者は逮捕されたのかを見ていきたいと思います。




居酒屋を無断キャンセルした小林恒夫容疑者

こちらが今回居酒屋の無断キャンセルをして逮捕された小林恒夫です。

ただ、決して望ましいことではありませんが、毎日のようにどこかしらのお店が無断キャンセルという被害にあっている中、

今回なぜ小林恒夫が逮捕されることとなったのか。

実は今回の居酒屋無断キャンセルは、普通の無断キャンセルよりもより悪質だったため、お店側が警察に被害届を提出したことで逮捕に至ったという経緯があります。

事件の詳細についてさらにまとめていきます。

 

居酒屋の無断キャンセルでなぜ小林恒夫容疑者が逮捕されたのか

事件の経緯

小林容疑者は、6月26日に千代田区の有楽町の居酒屋に「鈴木」という偽名を使って電話で予約を入れていました。

予約内容は、「6月28日午後8時から17人で、1万円で3千円の飲み放題をつけてほしい」という内容でした。

しかし、予約した当日の時間になっても小林容疑者がお店に現れることはなく、お店側が業務を妨害されたとして警察に届けを出して事件が発覚しました。

また、警視庁丸の内署の調べによると、上記の居酒屋の系列店である他の4店舗にも同じ「鈴木」という偽名を使って8~20人分の予約をしていたが、

全てのお店で無断キャンセルを行っていたとのこと。

警視庁丸の内署は小林恒夫容疑者を、「偽計業務妨害容疑」で逮捕した。

今回小林恒夫容疑者が予約した人数の合計は、「58人分」でした。

全て1万円の料理ではなかったようですが、予約した合計金額は「約30万円」で、居酒屋を営むお店からしたら多大なる損害です。

被害額もそうですが、系列の4店舗で予約を入れて無断キャンセルをしたことで、

お店側としても今後同じようなことがあっては、お店の存続に関わる重大な死活問題と判断し、警察に被害届を提出したことで逮捕に至ったようです。

無断キャンセル自体は残念ながらまだまだ世間でなくなっていないのが現状ですが、今まで逮捕者が出たという話はありませんでした。

今回小林恒夫容疑者が逮捕されたのは、あまりにも手口が「悪質」であり、お店側が被害届を出したことで逮捕となりました。

 

世間の反応は

居酒屋の無断キャンセルはずっと問題視されてきたこともあって、世間の関心も高いようですね。

3番目の方がツイートしていますが、お店側がしっかりと警察に相談して被害届を出したことが今回の逮捕ににつながったというのは私も同意です。

確かに警察沙汰にするのは面倒だとは思いますが、無断キャンセルしてもなんの罰則がないことが無断キャンセルが減らない一番の原因だと思います。

予約とはお店との契約です。

契約を一方的に破棄したのであれば、そこにペナルティが課されるのは当然です。

それが人としての責任ではないでしょうか。

今回の逮捕で少しでも無断キャンセルが減ることを切に願います。




-速報

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.