お金

なんでみんなそんなに裕福なの?周りがお金持ちの理由を解説

投稿日:




「なんでみんなあんなにお金に余裕があるんだろう?」

「なんであの家は毎年海外旅行に行ける余裕があるの?」

自分は毎月ギリギリの生活をしていてとても余裕なんてないのに、周囲の人がお金に余裕があるところを見て不思議に思ったことはありませんか?

なぜこんなにうちとよその家では金銭的な余裕が異なるのだろう?

と悩んでもなかなか他人の家の収入事情を詳しくは聞けないものですよね。

この記事では、そのようなあなたの悩みに答えていきたいと思います。




 

周りがお金持ちの理由

周りがお金持ちで、正直ちょっと嫉妬してしまう、、、

なんでうちだけこんなにお金に余裕がなくて苦労しなければならないんだろう、、、

人生でこう考えてしまうことって一度や二度ではないですよね。

実は、周りがお金持ちの理由は一つではないんです。

ここからは、なんで周りがお金持ちに見えるのか解説していきます。

 

両親が裕福

よその人が裕福な理由で圧倒的に多いのが、「両親が裕福」だからです。

現代の経済格差は我々の親の世代から徐々に広がりを見せてきていました。

初めは小さな格差でも、それが年数を重ねるごとに大きな格差となり、私たち子供の世代で大きな違いとして表れ始めてきているのです。

 

金銭的に余裕がある家庭の事情を伺うと、ご両親が農家をしていて日々の食費の出費がほとんどない場合や

会社を経営していて、毎月お金の援助を受けているということが多く見受けられます。

また、両親の実家に住んでいる場合などは家賃もかからないので、経済的に圧倒的な余裕が生まれてきます。

 

旦那さんが高給取り

「お宅の旦那さんの年収は?」

聞いてみたいけど、失礼すぎて絶対に聞けない質問ですよね。

ですが、金銭的に裕福な家庭はやはり基本的な旦那さんの収入が高い場合がほとんどです。

 

入ってくるお金が多ければ使えるお金が多いのは当然ですが、単純に年収だけでは比較できないということも覚えておいてください。

みなさんもご存知の通り、会社では年収以外に「手当」というものが支給されますが、これが年収以外のところで大きな収入格差を生み出してくるのです。

 

例として、同じ年収800万円のサラリーマンがいたとしても、家賃手当てが毎月10万出る会社もあれば、全く出ない会社もあります。

そうなると、単純計算で年収が120万円変わってくるので、年収という見た目以上に経済的な格差を生み出してきます。

 

ギリギリだけど見栄を張っている

人間とは悲しいもので、人より優れていたり、人が羨む生活をすることで承認欲求が満たされる生き物です。

時には、後の生活のことなど考えずに他人から羨ましがられたいがために、貯金を切り崩してでも派手な生活をしてしまうことさえあります。

一時的には承認欲求が十分に満たされるため、精神的な満足を得られますが、そのような生活が一生継続できるはずはありません。

 

ですが、周りから見れば「あの人はなんであんなに裕福なんだろう?」と感じるものです。

その人の貯金などの懐事情は他人にはわからないものですので、自分との経済的な格差を感じる要因となり得ます。

 

副業・投資をしている

自分と同じ仕事で、同じ生活環境で、上記のようなお金持ちの理由も見当たらないのであれば、

ほぼ間違いなくその人は「副業・投資」で稼いでいます。

「えっ!?私の周りがしてるとは思えないけど、、、」

そう思っているのはあなただけかもしれません。

 

人間本当においしい話は仲の良い友達であってもしないものです。

また、心のどこかで「他人を出し抜いて自分だけは裕福になりたい」という心情が湧くのも人間の性です。

特に現代では、ネットで調べれば副業や投資の話は数秒で見つかるほど情報があふれています。

 

ネットという形で完全に在宅で副収入を得ることができる社会では、周りの人が何をしているかなんて把握できるはずがありません。

実際、instagramやTwitterでサラリーマン以上のお金を稼いでいる主婦をあなたも知っているのではないでしょうか?

メルカリなどでオンラインで商品の売買が完結するので、家にいながら一儲けしている主婦もいます。

 

インフレが進んできている(資本主義社会の限界)

少し小難しそうな題名ですが、内容は非常に簡単です。

考えてみてもらいたいのですが、あなたが子供のころの卵1パックの値段はいくらでしたか?

「100円」切ってませんでしたか?

 

ところが今現在はどうでしょう。

特売日を除いて卵1パック100円で買えることなんてありますか?

アイスはどうですか?

つい最近まで100円ちょうどだったアイスが130円とかになっていませんか?

日本は少しずつですが、貨幣価値が下がる「インフレ」が進行してきています。

 

簡単に言えば、給料は上がらないのにモノの値段が上がっていく現象が起きているのです。

ただ、これが急激に起こっているわけではなく、少しずつなので実感しにくいのですが、

私たちの生活を徐々に蝕んでいき貧困化していっているのです。

年収1000万円と聞くと非常に裕福なイメージを持っている人が多くいますが、それは一昔前の日本での話です。

あなたが思い描く年収1000万円の生活は今ではとても裕福などではありません。

 

年収1000万円ですら余裕がないのですから、当然それ以下の年収や学生が生活に余裕があるはずがありませんよね。

実は日本は徐々に貧困国へと向かっていっているのです。




-お金

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.