速報

河合案里参院議員と河合克行氏が公職選挙法違反!わかりやすく解説

投稿日:




桜を見る会の騒動がおさまらない中、自民党はどこまで不祥事を起こせば気が済むのであろうか。

今回公職選挙法違反の疑いで名前が挙がっているのが、河合克行前法相と河合案里参院議員の夫婦である。

一体河合夫妻はどのようなことを行って、公職選挙法違反として広島地検から捜査を受けているのでしょうか。

二人が行った違反に関してわかりやすく解説していきます。




 

河合克行氏と河合案里氏が捜査されている理由

連日報道されている河合夫妻の公職選挙法違反についてですが、少し混同している方がいるので初めにお伝えしておきたいことがあります。

それは、広島地検が捜査している公職選挙法違反は「違法買収」が原因であるということです。

 

2019年7月の参院選で、ウグイス嬢に法廷金額を超える報酬を払っていたことが公職選挙法に反するという理由で捜査されています。

連日の報道で混同しやすいのが、

「自民党本部から1億5000万円というお金が河合夫妻に振り込まれたこと」法律違反だと勘違いしやすいのですが、

実は高額なお金が振り込まれたこと自体は違法ではありません。

 

ウグイス嬢に法廷金額を超える報酬

参院選などが行われる時に、宣伝カーなどに乗って候補者の名前を連呼する女性のことはご存知だと思います。

その女性のことを一般的に「ウグイス嬢」というのですが、このウグイス嬢の方たちもボランティアでやっているわけではなく、

しっかりと日当が発生しており、報酬の上限額は法律で定められています。

その報酬の上限額というのが「1万5千円/1日」です。

 

河合夫妻は参院選の時に、上限金額1万5千円を超えた、倍の「3万円」をウグイス嬢に払っていました。

しかし、河合夫妻もあからさまに3万円という報酬を支払った領収書を残すことはせず、

1万5千円の領収書を2枚に分けることで、この事実を隠蔽しようとしていたことが分かっています。

同時に、「1日3万円」という記載がある裏帳簿が存在することもわかっています。

 

今回広島地検から捜査されているのはこちらが主な原因です。

ですが、自民党本部から振り込まれた多額の政治資金が、今回の高額の報酬につながったと捉えるのが普通でしょう。

そういった意味からも、高額な政治資金が振り込まれた理由などの追及も並行して行われているのです。

 

河合克行氏を知る関係者のコメント

河合克行氏を知る選対関係者

「公示前からしょっちゅう地元に帰ってきては案里氏の活動日程をすべて管理していました。

今回は安倍晋三首相の地元・山口の事務所からもサポートのための秘書団が入っていましたが、

その対応はもちろん、郵便配達を使ったポスティングまで、克行氏が細々と指示を出していました」

引用元:週刊文春

河合案里氏の選挙活動の実質的な選対本部長を担っていたのが、夫の克行氏だったというのが週刊文春の取材で判明しています。

また、克行氏の管理の徹底度合いは目を見張るものがあったというのもわかっています。

 

別の選対関係者

「案里氏が参院選立候補が決まった直後の今年4月に立ち上げた『自民党広島選挙区第7支部』の会計の管理は、克行氏自ら行っていました。

(参院選立候補に必要な)供託金の用意をしたのも克行氏です。

克行氏は通帳を毎日必ずチェックし、交通費や駐車場代など、数万円の細かな費用まで削減しようとしたことがあったほどです。

13人のウグイス嬢全員分で合計100万円単位になる『日当3万円』の支払いについて、知らないはずがありません」

引用元:週刊文春

一説によると、贈り物が届くたびに誰に配るかなどを細かく指示しており、賞味期限すら把握していたそうです。

 

今回のウグイス嬢への報酬について、ここまで徹底的に管理をしていた河合克行氏が知らなかったということがあり得るでしょうか?

選対関係者の言葉が真実であれば、克行氏には今後さらなる追求が待っていることでしょう。

まだまだ今後も真実が明らかになっていく度に記事を更新していきます。




-速報

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.