人間関係

怒られたことが頭から離れないときの気持ちの切り替え方

更新日:




仕事でミスをしてしまって上司に怒られる。

誰でも経験ありますよね。

怒られた後にすぐに気持ちを切り替えられればいいのですが、なかなかそうはいかないものです。

 

むしろ、怒られたら一日中引きずってしまう人もいます。

できればその後の仕事を円滑に進めるためにも、少しでも早く気持ちを切り替えたいところですよね。

 

この記事では、 怒られたことが頭から離れないときの気持ちの切り替え方や考え方について紹介していきたいと思います。

 

この記事を読んでもらいたい方

怒られると気持ちの切り替えができない方

怒られたことをどういう風にとらえていいかわからない方




怒られた時の切り替え方と考え方

怒られてた後にすぐに家に帰ったりしてリラックスできればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

その後も仕事はしなければいけないので、なんとか気持ちを切り替えてその後の仕事に取り組みたいところ。

 

カッパくん
そうは言っても簡単に切り替えられないから困るんだよね

もちろん、怒られたことをすぐに忘れることは不可能です。

ですが、少しでも気持ちが軽くなる方法を知っていれば、引きずりすぎることなく仕事に取り組めるので是非ご覧になってください。

 

誰でも怒られることはある

怒られて嬉しいと思う人はいません。

怒られたことがない人もいません。

 

誰しもが怒られた経験がありますし、誰しもが怒られれば落ち込みますし、嫌な気分になります。

怒られた人はこの世で怒られているのは自分だけだと言わんばかりに、自分だけの狭い視野になってしまいがちです。

 

怒られた時に、ほんの一瞬だけでいいので思い出してみてください。

つい最近あなた以外の人も怒られていませんでしたか?

 

今回はたまたまあなたの番だったのです。

自分だけが怒られていると考えると、どんどん悲観的な感情が湧いてきますが、

ほんの一瞬でいいので、「誰でも怒られることはある」と考えると、気持ちをかなり楽にすることができます。

 

「自分だけじゃないんだ」と考えることができたら、 一種の集団心理になれるため、

「赤信号みんなで渡れば怖くない」というように、前向きになれるものです。

 

カッパくん
確かに。この前は同僚が同じように怒られてたな。

今回はたまたまオイラの番だったのか!

そうとらえることができれば、気分的にはかなり楽になるよ
ヒロ
ただ、世の中にはサイコパスの人もいて、この人には一般的な考えは通用しないから気を付けてね
ヒロ
サイコパス
上司がサイコパスかもしれない!?サイコパスの人が持つ7つの特徴

「サイコパス」という言葉をあなたはご存知でしょうか? 最近では、映画や事件の再現番組でも取り上げられることがあるため、 聞いたことがあるという人もいれば、なんとなくだけどイメージは持っているという人も ...

続きを見る

 

 

怒られたことに感謝する

自分が上司などになって怒る立場になるとわかりますが、 怒ることは非常に体力と気力を使います。

周りの目も気にしながら自分の怒りをコントロールしなければいけないため、怒る方も簡単ではないのです。

 

かなり難易度は高いのですが、怒られた時にわずかで構いませんので、

「相手は大変な労力を使って怒ってくれている」と考えることができれば気持ちはかなり楽になります。

 

こう考えることができるメリットは他にもあり、感謝の気持ちを持って怒られると、 自然とそれは相手にも伝わります。

そうすると、怒っている方としても自分の言っていることが伝わったととらえるため、

怒りの感情から、伝わったという満足感に変わり、その後深く問いつめてくることがなくなります。

 

怒られるのが人一倍嫌いな人は、上司や先輩から怒られると、

「なんで怒られなければならないんだろう」「この場から逃げ出したい」「早くこの説教終わってくれないかな」

というように ネガティブな考えが先行してしまいます。

 

こう考えると、自然と態度に出てしまうものです。

その態度が垣間見えたら、相手はなおのことあなたに対して怒りをぶつけてくるでしょう。

 

感謝の気持ちは相手のためではなく、自分のためであると認識しておくと、少しずつ表現できるようになります。

カッパくん
怒られた瞬間に感謝するのは難しいかも、、、
そうだね。それなら、怒られた後でもいいんだよ。それができるようになれば、いつかは怒られている時にも感謝していることが相手にも伝わるようになるから
ヒロ

 

少ししてから、怒られた理由を考える

怒られると、怒られた原因うんぬんよりも、ただただ怒られたことに対して恐怖や嫌悪感を抱いてしまい、

怒られた原因にまで考えが至りませんよね。

 

ですが、これこそが最も良くないのです。

怒られるのには必ず原因があります。

 

その原因を考えずに、ただただ怒られたことを引きずっていると、そこにあなたの成長はありません。

怒られた時に、自分の成長などを考えている余裕はないかもしれませんが、

怒られてしばらくしてからでもいいので、 「なんで怒られたんだろう?」と考えてください。

 

これだけで、あなたは怒られる前のあなたより確実に成長します。

また、怒られた原因を考えることは他にもメリットがあり、

怒られた事実を客観的にとらえることができるため、ズルズルと引きずらなくてよくなります。

 

ズルズルと引きずってしまう人は、 怒られた時のことが頭の中で何度もよみがえっては嫌な気分になり、

モチベーションが上がりませんよね。

 

何度もよみがえってくる記憶を一瞬停止して、「なんで怒られたんだろう?」と考えることをしてみてください。

記憶はなくなりませんが、恐怖心や嫌悪感は軽減しますので。

カッパくん
怒られた原因か、、オイラのミスだな、、、
それだけでも、振り返ることをしたという事実が、必ずカッパくんの成長につながるからね
ヒロ

 

相手をかわいそうな人だと思う

注意

大前提として、態度に出さないように注意した上で実践してください

怒られて引きずる人は、「自分のせいだ」「自分が無能だから悪いんだ」と、

自己否定してしまってどんどん負のループに入ってしまう傾向があります。

 

この負のループにはまらない方法が、怒っている相手をかわいそうな人だと考えるのです。

「怒られることは別に自分が悪いのではない。こんなことで怒るこの人が悪いんだ。

こんなことで怒るなんて、この人の頭はどうかしている。」

と、相手に責任転嫁してしまうのです。

 

このやり方は、かなり強力です。

このようにとらえることができたら、 怒られたことを引きずることはなくなります。

むしろ、怒られた後も平然とさえできます。

ですが、冒頭でも注意書きしましたように、かわいそうな人だと考えているところを、絶対に態度に出さないことです。

 

人の考えていることは、目や態度に出ます。

うまく隠せる人にのみおすすめできる方法です。

カッパくん
オイラは絶対に無理だな
そう思うなら止めといたほうがいいよ。この考え方は、諸刃の剣だからね
ヒロ

 

怒られたことを友人に愚痴る

人は、自分の不満や愚痴を人に話すことで、ストレスを軽減できるという心理学的なデータがあります。

愚痴ることは決して悪いことではなく、怒られたことを頭の中で整理するというメリットもあります。

 

この時に大事なのが、 自分が多少悪いことはわかってても、仲間になって話を聞いてくれる友人に愚痴りましょう。

ド正論を言う友人に愚痴ってしまうと、「それは君が悪いよ」と言われてしまい、

これだと愚痴って気持ちを楽にすることができません。

 

「その上司最悪だね」と言ってくれるだけであなたの気持ちは楽になるものです。

愚痴る友人のもう一つの注意点が、「会社と関係のない友人」を選ぶことです。

 

会社につながりがある場合は、どこでどのように誰に伝わるかわからないものです。

仮に一人にしか愚痴っていなくても、その人が何かの拍子に言ってしまうことも否定できません。

 

会社の人は、 少なからず損得勘定で付き合っていることがあるため、その関係がずっと続く保証もないのです。

カッパくん
もし他の人に伝わったら取り返しがつかないもんね
職場の人の愚痴を、同じ職場の人に話すことは非常にリスクが高いことを忘れないでね
ヒロ

 

趣味など好きなことをする

これは、仕事が終わってからの話にはなりますが、

一にも二にも、おもいっきり好きなことをする。

 

これで 根本原因が解決したり、怒られた記憶がなくなるわけではないですが、

怒られたストレスを発散するという意味では非常に効果的です。

 

趣味がカラオケなら大声で歌いましょう。ショッピングなら、好きなものを買いましょう。

ゴルフなら、ドライバーでマン振りしましょう。泣けるなら、泣けるドラマで泣きましょう。

 

この時に大事なのは、中途半端なことをしないことです。

怒られた嫌な気分をすべて吹き飛ばす気持ちで好きなことを行ってください。

 

こうすることで、精神的な落ち着きを取り戻せると同時に、前向きな気持ちになれます。

趣味などもあまりなく、好きなことがないなら美味しいものを食べにいきましょう。

 

少し高いレストランに行くことで、非日常を味わえるため効果的な気分転換になります。

 

最後に

怒られたことが頭から離れないときの、気持ちの切り替え方や考え方について紹介させていただきました。

今回紹介したことは、すぐに実行できることもあれば、少しずつ実践していくことで可能になるものもあります。

 

怒られることは誰にでもありますし、ミスをしない人間はいません。

ミスをしたときや怒られた時の向き合い方で、その人の人間性が問われます。

あなたも、怒られた時の切り替え方を習得することで、今の自分をステップアップさせてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました
ヒロ
カッパくん
ありがと~~!!またね~!!




-人間関係

Copyright© ゆるヒログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.